江戸木目込人形 恵比寿様・大黒様

伝統ある木目込人形には、手づくりの魅力がつまっています

 

伝統工芸士松崎幸一光作 江戸木目込人形

恵比寿様 大黒様

 

こちらは伝統工芸「江戸木目込人形」の伝統工芸士「松崎幸一光」氏が制作した商売繁盛の神様「恵比寿様」と、福徳の神様「大黒様」です。

 

「恵比寿さん」や「大黒さん」といった愛称で親しまれており、お寺の像や家の置物などでみたことのある人が多いのではないでしょうか。

それぞれの特徴と意味をみていきましょう。

 

●恵比寿様●

商売繁盛と漁業の神様とされています。

仮衣(昔の男性が着ていた普段着)にはかま、風に吹かれた形をした烏帽子をかぶっています。

持ち物は左手脇に鯛、右手に釣竿です。釣竿はことわざの「釣りをして網せず」、つまり不当な利益をむさぼらない清い心を象徴しているといわれています。

 

●大黒様●

福徳の神様です。

仮衣に頭巾を被り、背中には大きな袋を担いでいます。この作品にはありませんが、足元に米俵があるときもありますね。

頭につけた頭巾は「上を見ない」という謙虚さをあらわします。米俵は「二俵で満足する」という、欲張らない心を示しています。そして、打ち出の小槌は念じながら打ち下ろすと願いがかなうため、様々なものを生み出すことを意味していますよ。

 

 

木目込人形は木製の胴体に溝を彫り、そこに布地の端を埋め込んで衣装を着せて作る人形のことで、「木目込み」という名前は、布の境となる部分に細い溝を彫り込み、そこに布を「きめこむ」ことから名づけられました。

 

松崎幸一光氏は飽きのこないモノづくりを心がけており、その作品は抑えた色調と独創的な形、かわいらしさの中にも日本古来の美を表現しているのが特徴です。

 

 

これらの商品は仏像ワールドの姉妹ブランド・イスムの直営店にて取り扱っております。

◆お問い合わせはこちらまで◆

 

イスム表参道店

営業時間 11:00-20:00

電話番号 03-6419-7822

イスム表参道店HP 

 

イスム谷中店

営業時間 10:00-19:00

電話番号 03-5809-0965

イスム谷中店HP 


江戸木目込人形 恵比寿様・大黒様

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑