仏像ワールド

仏像ワールドとは株式会社MORITAが運営する仏像販売のブランドです。

仏像ワールドの使命

お客様の求める仏像を提供し、お客様の満足や幸せに貢献することです。また、価値が解りづらいと言われる仏像価格の現在の状況を改善し、お客様が安心してお求めいただけるような環境を作ることです。

仏像ワールドの社会的責任

仏像販売のリーディングカンパニーとしての社会的責任を強く意識しています。普段、仏像を目にすることが無いお客様から、仏像の価格が解りづらいとご指摘を受けます。そこで仏像価格の不透明な部分を払拭し、仏像価格の指標を示せるWEBサイトの確立が急務だと考えます。お客様に安心してお買い物をしていただける環境を整えることは、業界の発展に寄与するだけで無く、製作者である仏師への支援にも繋がります。

仏像ワールドのこだわり

★仏像ワールドの根っこにあるもの
仏像ワールドは『人の役に立たなければ企業の存在価値は無い』と、いうことをモットーとしています。役に立つということはお客様の幸せに貢献することですが、一般的に仏像販売で提供できる価値は『供養』『祈り』『癒し』『希望』などがございます。また仏像から始まった興味から、仏像を生み出した歴史や仏教へと興味が派生することも期待しています。弊社の願いは、いわゆる死者供養の為の仏教では無く、今の時代を生きていくための『心の取扱説明書』として仏教を学問として人生に取り入れていただくことです。さらに言えば他者に寛容性のある仏教こそが世界平和とつながる唯一の知恵であり、その知恵を学ぶことで、多くの方が豊かな心で充実した人生を過ごされることを望むものです。

社長あいさつ

2500年前に生きたお釈迦様の言葉で『知足小欲』(ちそくしょうよく)があります。足りていることを知りましょう。しかし、無欲ではいけません。人は無欲になるとやる気までなくしてしまうものですから、少しの欲を持って、心が満たされる幸せを感じましょうと説いているのです。人は幸せになりたいと言います。しかし、努力して幸せと思われるステージに上がったとしても永遠に幸せという保証は全くありません。なぜなら、幸せとは心が感じる現象であって、『なる」ものでは無いというのです。この言葉に触れたときに全くその通りだと共感をしました。2500年前から人の本質は何も変わっていないようです。これから向かっていく未来の人間の本質も変わることはないのでしょう。仏像ワールドでは、感動していただける商品の開発を心がけ、よりたくさんの幸せをお客様に感じていただけるよう精進してまいります。 株式会社MORITA 代表取締役 森田 滋

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

仏像ワールドとは?

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑