宮澤やすみの仏像ブツブツ

ドイツの教会

ただいま音楽の仕事でヨーロッパ遠征しています。
せっかくなので、このブログでも現地のようすを少し。

ヨーロッパツアー最初の滞在地はドイツ・ボン。
町の中心部にある、ミュンスター寺院(教会)はドイツのなかでもかなり古い教会です。


ロマネスク様式という古い建築スタイルが特徴

 

キリスト教では、偶像崇拝を禁じるのが建前ですから、仏像のような「ご本尊」はありません。

しかし、内陣奥は美しいモザイク画があります。


そして、堂内後方には、幼いキリストを抱いた聖母子の祭壇画が。

もともとは偶像NGのはずが、長い間のうちにやっぱり何かしら画像が欲しくなってしまう。
仏像ができる経緯と似ていますね。

現在の建物は11~13世紀に建てられたもの。
多くは修復されていますが、中庭の回廊部分は創建時のものだそうです。

中世そのままの雰囲気がたまりません

仏像もいいけど、古い教会もいいですね。

旅はまだまだ続きます!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック