宮澤やすみの仏像ブツブツ

宮澤プロデュース「仏像フレンチ」

わけのわからないタイトルかと思いますが、ときどきやっている企画が「仏像フレンチ」。

仏像をイメージしたオリジナル料理を提供していただく企画です。

わたくし宮澤やすみが、お店のシェフにお題を提示。それに基づきシェフの自由な発想で料理を作っていただきます。

自分がワインやフレンチが好きというのと、フランスって、「仏蘭西」と書きますから、”仏つながり”でやってもらおうというのが発端でして、ユーモアをわかってくれる大人のための企画ですね。
ユーモアとおいしさを楽しもうというわけです。

先日やったのは、東京・神楽坂での仏像フレンチ。


サーモンのミ・キュイ 海の幸入り金柑を添えて
神楽坂「ア・ポワン」さんでの、薬師如来をイメージした一品。金柑が薬壺ですね。中にはイクラがぎっしり。海の幸の滋養で元気になります。

過去の傑作をいくつか挙げますと、

毛ガニと秋野菜のエクラン サーモンのモザイク仕立て
東京・自由が丘「ラ・ビュット・ボワゼ」さんでの、阿弥陀如来(九品仏)をイメージした一品。右奥の盛り付けが阿弥陀印(OKみたいな手のポーズ)をイメージ。中央の白い泡は、如来の髪型をイメージしたソース!パンチパーマみたいな螺髪に見えますか?

仏像の本場、奈良からは2品。これは笑った!

冷製グリーンピースのスープ 玉眼コロッケ添え
奈良「クイーンアリス」さんでの、運慶仏をイメージした一品。「玉眼コロッケ」には笑いました!


牛フィレ肉の網焼き 十一面観音風
同じく奈良「クイーンアリス」さんのメイン、牛を中心に、付け合わせを十一面観音の小面に見立てたという、ナイスアイディア!さすが奈良のシェフは仏像も分かってらっしゃいます。
ディナーだったのでワインも心置きなく飲めて、仏像談義に花が咲きました。

最後にデザートの傑作

東京・神楽坂「ビストロ・ド・バーブ」さんの、大日如来をイメージした一品。見てのとおりまさに太陽神!という見た目ですね。


このほかにも、今までにいろんなお店の方が、趣向をこらして作ってくださいました。
これからも、ときどきやりたいと思います。企画実行してくださる方、ご連絡ください!

お腹が空いてきたので、今週はこのへんで!

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック