宮澤やすみの仏像ブツブツ

神社の蔵王権現

NHK「ひるまえほっと」の生出演、無事終わりました。

今回のロケでは青梅方面に行きましたが、そのうちの武蔵御嶽神社は、12年に一度の蔵王権現ご開帳をやっています!

蔵王権現の姿はこんな感じ!

神社でご開帳?と思う方もいらっしゃると思いますが・・・、

なにせ昔は神仏習合の世界。
ここの神社は山岳信仰の霊場ですから、ご神体が蔵王権現なのです!
(ただし、神社ではご神体という表現はしていません。しかし意味合いとしてはまさにご神体となります。このへん大人の事情でややこしいのデス!)

特別にTVカメラが入り、ご開帳の儀式を撮影。ぼくら出演者は拝殿に列席しました。
お祓いのあと、神職が奥の本殿へ進みます。こちらからは本殿の階段だけが見えるだけで、奥の様子は伺えません。
「おー!」という厳かな発声の後、扉が開く音・・・。
その後、いよいよ私たちも本殿へと進み、ついに蔵王権現のお姿を見ることに!

なんという迫力! 高いところにある本殿から、力みなぎる蔵王権現さんが、右手を振り上げ、こちらを見下ろしています!
少し距離があり照明も無いので、くっきりとは見えませんが、神社の中枢である本殿の中が開いている、その事実だけでもう大変なことだと感じました。

秘仏は、ただ「見る」ものじゃない、ということを実感した瞬間です。

ヒンヤリした社殿の空間に身を置いて、お祓いから開扉、閉扉までの一連の厳粛な儀式が、神秘的な雰囲気を高めますから、もうとてもまじまじと「見る」という気持にはなりませんでした。
このへんは、単なる文化財公開とは決定的に意味合いがちがうところです。
それに、神社のご神体は、ふつう見ることはタブーですもんね。神社の方でさえ「見たことない」というのがほとんどです。武蔵御嶽神社の公開がどれだけ特別なことか、おわかりいただけたでしょうか。

ここに行けば、秘仏の本質を体感することができるでしょう。

ふだんは、ふざけたブツトークをして遊んでいる私ですが、この時ばかりは素直に感動しました。

2017年は5月末まで公開をしています。詳しくは武蔵御嶽神社へお問い合わせを。

ちなみに、境内の宝物館には、かなり脱力系のカワイイ蔵王権現もいますよ(笑)

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック