仏像辞典


 仏像とは、仏・菩薩と仏法守護の天や密教の明王、また高僧の像などを含めた仏教彫刻です。
 仏像の種類は、大きく分けて如来・菩薩・明王・天があります。ここではそのほかに蔵王権現と高僧・祖師のページを加えて紹介します。

如来:如来は悟りを開いたもの、また仏法や宇宙の真理そのもの。仏の位としての最高位にあたる。 菩薩:悟りを求め修行する仏。現世の人々を直接救う現世利益の仏。 明王:怒りの炎で穢れを焼き尽くす。ほとけ界の熱血担当 天:武将から福の神、女神まで揃う。仏法を守るほとけ界のSP 
蔵王権現:日本各地の霊山に祀られ、自然の霊威を体現した神仏 高僧・祖師:仏教の普及に関わった実在した歴史上の高僧を指し、仏の一種として扱われる
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

仏像辞典

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑