十一面観音


 頭上に十一の顔を持ち、全ての方向を見守っている観音菩薩

十一面観音

十一面観音(じゅういちめんかんのん)とは?

 苦しんでいる人をすぐに見つけるために頭の上に11の顔があり、全方向を見守っています。またそれぞれの顔は人々をなだめたり怒ったり、励ましてくれたりするといわれています。十種勝利(現世利益)と四種果報(死後成仏)という様々なご利益があり、千手観音菩薩と並んで人気の高い観音である。六観音の1つに数えられ、修羅道に迷う人々を救います。

 奈良時代から多く信仰されるようになり、延命、病気治療などを願って多く祀られるようになりました。

 ちなみに頭上面のうち前3面を菩薩面、左3面を瞋怒面、右3面を狗牙上出面(くげじょうしゅつめん)、うしろ1面を大笑面といい、頂上に仏面を配して11面です。中には本面とあわせて11面となる場合もあります。また11面の配列が異なる場合もあります。 大笑面は、悪行を大笑いして改心させ、善の道に向かわせるといわれています。

ご利益

 様々な災難、病気治癒、財福授与、勝利を得るなどの現世利益があり、延命、地獄に落ちない、極楽浄土に行けるなどのご利益があるとされています。

十一面観音(じゅういちめんかんのん)の像容

 左手に花瓶を持つことが一般的です。右手を前にして開き施無畏手の2本の腕である場合が多いです。しかし、密教の経典には4本や8本の腕の像も説かれています。  菩薩には男女という性別はありませんが、十一面観音はふくよかな女性をイメージさせる美しい像が多いです。

有名寺院と像

 ・奈良県:聖林寺
 ・奈良県:法華寺
 ・滋賀県:向源寺

十一面観音(じゅういちめんかんのん)の真言

 オン・ロケイジンバラ・キリク・ソワカ

十一面観音菩薩の商品一覧ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

十一面観音

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑