不空羂索観音


 手に持っている縄で人々を漏らすことなく救済する観音菩薩

不空羂索観音(ふくうけんじゃくかんのん)とは?

 鹿の皮の袈裟を着ている為、鹿皮観音(ろくひかんのん)と呼ばれる場合もあります。「不空」とは信じれば必ず願いが叶い空しい思いをさせない、という意味で、「羂索」とは古代インドで密猟や戦闘に使われた捕縛用の縄のことです。そのため名前にはあらゆる人々の悩みを逃がすことなく救済し、願いを叶えるという意味があります。十一面観音の2倍のご利益である二十種の功徳(現世利益)と八種の利益(死後成仏)が得られ、奈良時代に信仰が盛んであったとされます。

 天台宗系では六観音の1つに数えられ、人道を救済するとされています。また准胝観音と合わせて七観音と呼ばれることもあります。

ご利益

 健康長寿、病気治癒、財福授与、美しくなる、罪障消滅、極楽浄土に行けるなどのご利益があるとされています。

不空羂索観音(ふくうけんじゃくかんのん)の像容

 8本の手と3つの目の像容が基本です。鹿皮の袈裟をまとっている場合があり、手には羂索、錫杖、蓮華などを持っています。

有名寺院と像

 ・奈良県:東大寺
 ・奈良県:興福寺
 ・奈良県:不空院

不空羂索観音(ふくうけんじゃくかんのん)の真言

 オン・ハンドマダラ・アボキャジャヤニ・ソロソロ・ソワカ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

不空羂索観音

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑