弥勒菩薩


 遠い未来に人々を救うことが約束されている釈迦を継ぐ者

弥勒菩薩(みろくぼさつ)とは?

 弥勒とは古代インドではマイトレーヤと呼ばれ、慈悲から生まれた者を意味しています。仏となることを約束されているため、弥勒仏・弥勒如来と呼ばれることもあります。釈迦が亡くなられてから56億7千万年後に仏となりこの世に現れ、釈迦の教えで救われなかった人々を救済するといわれています。ちなみに56億7千万年後とは、地球を含む太陽系が消滅する余命とほぼ一致しています。

 現在は仏教世界の中央にそびえる須弥山(しゅみせん)の上空にある兜率天(とそつてん)という天界で修行をしています。

弥勒菩薩(みろくぼさつ)の像容

 右足を曲げて左膝の上に乗せ、右手の指を頬に当てて物思いにふけるような半跏思惟像(はんかしいぞう)が多く造られました。これは将来どのようにして人々を救えばよいか思い悩んでいる姿とされています。

有名寺院と像

 ・京都府:広隆寺
 ・奈良県:中宮寺

弥勒菩薩(みろくぼさつ)の真言

 オン・マイタレイヤ・ソワカ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

弥勒菩薩

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑