高僧・祖師


 仏教の普及に関わった、実在した歴史上の高僧を指し、仏の一種として扱われる

高僧・祖師

高僧・祖師(こうそう・そし)とは?

 実在した歴史上の高僧・祖師も仏のような存在として深く尊敬を集め信仰されました。宗派の開祖のことを指します。

主な高僧・祖師像

    ■達磨大師(?)
     5~6世紀の南インドまたはペルシア地方出身で、インドの王国の王子だったが中国に渡り禅宗の開祖となりました。中国・北魏の末期に西域経由で洛陽に入り、中国に禅の思想をもたらしたといわれています。のちに禅宗が発展するとともにさまざまな伝説的事績が付与され、伝説や語録がいくつも生み出されました。

    ■聖徳太子(574~622)
     大陸から仏教を本格的に広めました。蘇我馬子らとともに政治に関わり、大きな業績を残した人物です。死後は、生涯が伝説化され、太子信仰が生まれました。

    ■鑑真(688~763)
     中国、唐代の高僧。日本律宗の開祖です。天平勝宝6年(754)に戒師として仏舎利・経典・仏像などを携えて渡来し、唐招提寺を創建しました。

    ■最澄(767~822)
     天台宗の開祖。延暦4年(785)東大寺で具足戒ののち、比叡山に登り、日枝(ひえ)山(さん)寺(のちの延暦寺)を創建しました。

    ■空海(774~835)
     真言宗の開祖です。18歳で大学に入学しましたが、のちに仏道を志し四国や南都の大寺で修行しました。延暦23年、留学僧として遣唐船で入唐。密教の秘法を教わり、数多くの経論、曼荼羅、密教法具など日本にもたらしました。

    ■空也(903~972)
     平安時代に諸国を阿弥陀仏の名号を唱えながら行脚した念仏聖(ひじり)です。遊行(ゆぎょう)の途次、道路の修理、架橋などの土木事業を行いました。京都・西光寺(のちの六波羅蜜寺)を創建した人物でもあります。

    ■法然(1133~1212)
     浄土宗の開祖である法然房源空(げんくう)です。13歳のときに比叡山に登り、天台の教えを学びました。

    ■親鸞(1173~1262)
     鎌倉時代に活躍した浄土真宗の開祖。親鸞の教えは、日常の家庭生活を営む中で念仏の道に帰依するという在家の仏教です。阿弥陀如来の本願に報恩感謝することで、現世で阿弥陀如来の救いにあずかるという内容でした。

    ■日蓮(1222~1282)
     日蓮宗・法華宗開祖。比叡山で修行に励み、その間に『法華経』が仏教の真の教えであることを悟り、浄土教には批判的な立場をとりました。

    ■一遍(1239~1289)
     鎌倉末期の時宗(じしゅう)の開祖です。はじめ天台宗を学び、その後浄土念仏に帰し全国を遊行して念仏を勧めました。念仏を称えた人は必ず浄土に生まれるという予言の札を与えました。また空也の始めた踊り念仏を盛んにし、民衆教化につとめ民衆信仰に大きな影響を与えました。

    ■一休(1394~1481)
     室町時代の禅僧。とんちの一休さんのモデルです。

    ■維摩居士(ゆいまこじ)(?)
     仏教徒の模範とされてきた人物で在家の弟子です。

    高僧・祖師(こうそう・かいそ)の像容

     袈裟などの僧衣を着ている僧形の姿が一般的です。個性豊かな表情の肖像が多いです。

    高僧・祖師の商品一覧ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

高僧・祖師

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑