釈迦如来


 仏教の開祖、釈迦を仏として敬う呼び名

釈迦如来

釈迦如来(しゃかにょらい)とは?

 仏教の開祖です。古代インドの小国、釈迦族の王子で本名はゴータマ=シッダールタです。妻や子供もいた実在の人物で、釈迦如来とはその釈迦が悟りを得た姿をあらしています。

 釈迦は、母である摩耶夫人の右わきから生まれたといわれています。生まれたばかりのとき、7歩歩いたあと天地を指さし「天上天下唯我独尊(てんじょうてんげゆいがどくそん)」と言ったそうですよ。このときの姿をあらわしたものが、誕生釈迦仏と呼ばれています。この世で1番尊いのは自分であるという意味に誤解されがちですが、ひとりひとりが尊い命で聖なる使命を持ってこの世に生まれてきたという意味です。29歳で出家し、35歳で悟りを開き真理に目覚めてからは、仏陀(ぶっだ)・釈迦牟尼世尊(しゃかむにせそん)・釈尊(しゃくそん)、如来などと呼ばれるようになりました。この頃は人々に説法を説いていたそうです。その後、釈迦は沙羅双樹の下で80歳で入滅(死去)したと伝えられています。

 十大弟子を眷属として従えています。十大弟子とは、仏法を守護する天龍八部衆、釈迦の主要な弟子達です。また釈迦三尊として文殊菩薩と普賢菩薩と並ぶ姿が多いです。さらに阿難(あなん)・迦葉(かしょう)の2尊者を加えた五尊像や、天竜八部衆を加えた群像もあります。

釈迦如来(しゃかにょらい)の像容

 特徴は髪形螺髪(らほつ)と呼ばれる小さくカールした髪の毛です。装飾品は一切身に付けていません。釈迦が説法を説いている姿が一般的です。ほかには、誕生像、苦行象、降魔像、涅槃像 があります。

有名寺院と像

 ・奈良県:法隆寺
 ・奈良県:東大寺
 釈迦のの誕生釈迦仏

釈迦如来(しゃかにょらい)の真言

 ナウマク・サマンダ・ボダナン・バク

釈迦如来の商品一覧ページ 特注制作依頼ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

釈迦如来

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑