弁財天


 七福神の紅一点。芸術を愛する聖なる川の女神

弁財天(べんざいんてん)とは?

 インド神話では河川の女神・サラスヴァティーといわれ、水と豊穣の神として崇拝されています。ヒンドゥー教ではブラフマー(梵天)の妃とされています。河のせせらぎが奏でる音色から音楽の女神といわれ、そこから広く技芸・文芸などの才能をもたらす神となりました。そのため以前は「弁才天」と書かれていましたが、「才」が「財」変わり福徳財宝を授ける神としても信仰され七福神の1人としても祀られています。

ご利益

 福徳・諸芸能上達、弁才、記憶力向上、財宝を与えるとされています。

弁財天(べんざいんてん)の像容

 2本の腕の琵琶を奏でている像が多いですが、8本の腕で武器を持った弁才天像もあります。

有名寺院と像

 ・奈良県:東大寺
 ・奈良県:天河大弁財天社

弁財天(べんざいんてん)の真言

 オン・ソラソバテイエイ・ソワカ

弁財天の商品一覧ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

弁財天

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑