毘沙門天


 戦国最強の武将・上杉謙信が信仰した四天王最強の軍神

毘沙門天(びしゃもんてん)とは?

 インド神話での財宝神・クベーラが前身といわれています。独尊で祀られる場合は毘沙門天で、四天王の1尊として祀られる場合は多聞天と呼ばれます。七福神の1人です。

 毘沙門天は「すべてのことを一切聞きもらさない知恵者」という意味から多聞天と訳されました。四天王の中では最強の武神であり、夜叉と羅刹を従えて仏教世界の北方を守護しています。戦国武将で毘沙門天を守仏として崇拝している者は多く、上杉謙信は自分を毘沙門天の化身だと信じて信仰していました。

ご利益

 戦勝祈願、鎮護国家の他に財宝福徳のご利益があります。

毘沙門天(びしゃもんてん)の像容

 甲冑を着て左手に宝塔、右手に宝棒・戟を持っています。毘沙門天の妃である吉祥天や子供の善膩師童子(ぜんにしどうじ)と並んで祀られることもあります。

有名寺院と像

 ・静岡県:願成就院

毘沙門天(びしゃもんてん)の真言

 ナウマク・サマンダ・ボダナン・バヤベイ・ソワカ

毘沙門天の商品一覧ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

毘沙門天

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑