梵天


 釈迦に悟りの内容を人々に広めるように勧めた、天部最高位の神

梵天(ぼんてん)とは?

 古代インド、バラモン教において最高位の神、宇宙万物の創造神・ブラフマーが前身といわれています。宇宙を維持するヴィシュヌ神、宇宙を破壊するシヴァ神と共に3大神の1人です。

 仏教に取り入れられてからは仏法の守護神となり、護法善神の代表格として帝釈天と二神一対の像として祀られることが多いです。合わせて「梵釈」と称することもあります。釈迦が悟りを開いた時に、その内容を自分だけのものとせず万人に伝えるように勧めたのが梵天であるといわれています。ちなみに古代インドのサンスクリット語が「梵語」といわれるのは、この梵天が創ったものとされているためです。

ご利益

 仏教守護、国土安穏、立身出世のご利益があります。

梵天(ぼんてん)の像容

 梵天は普通の人間のような姿の場合と、4本の腕で4面の顔の像容の場合がある。人間のような姿の場合は中国・唐時代の貴人の衣装をまとっています。大日如来を本尊とする密教では4本の腕の場合が多く、数羽のガチョウの上に乗っています。

有名寺院と像

 ・京都府:東寺講堂
 ・奈良県:東大寺法華堂
 ・奈良県:法隆寺旧食堂
 ・奈良県:唐招提寺金堂

梵天(ぼんてん)の真言

 ナウマク・サマンダ・ボダナン・ボラカンマネイ・ソワカ

梵天の商品一覧ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

梵天

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑