大黒天


 怒れる戦闘神が笑顔の福の神へ変貌を遂げる

大黒天(だいこくてん)とは?

 もとはヒンドゥー教の破壊神シヴァの化身で、破壊と戦闘を司る神マハーカーラが前身とされています。そのため、初期の大黒天は大日如来の命で荼枳尼天(だきにてん)を降伏させるなど戦闘色の強い神であり、大黒天に祈ると必ず戦いに勝つといわれました。

 日本では「だいこく」が日本神話の祭神・大国主命(おおくにぬしのみこと)と通じることから習合されるようになりました。五穀豊穣と財福の神として独自に発展し、七福神の1人に数えられるようになったといわれています。

ご利益

 財福、福徳を与えるとされています。

大黒天(だいこくてん)の像容

 本来は青黒い肌で3つの目の怒りの表情で、腕も複数本あり武器を持っていました。しかし広く一般的に知られる像容は頭巾をかぶり、福袋と打ち出の小槌を持って米俵に乗る姿です。また毘沙門天と弁財天と融合し、それぞれ3つの顔を持つ三面大黒天像も造られました。

有名寺院と像

・奈良県:西大寺
・滋賀県:金剛輪寺明寿院
・福岡県:観世音寺

大黒天(だいこくてん)の真言

オン マコキャラヤ ソワカ

大黒天の商品一覧ページ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

大黒天

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑