執金剛神


 ギリシャ神話のヘラクレスがもとになった仏教の守護神

執金剛神(しゅこんごうしん)とは?

 釈迦が入滅されるまで護衛に当たっていたといわれるボディガードのような存在です。
 古代インドの武器・金剛杵 (こんごうしょ)を持っているため執金剛神という名がつきました。あらゆるものを打ち砕くとされており、仏教では煩悩を砕き悟りの心を開く武器です。

 ギリシャ神話の英雄・ヘラクレスが起源であり、仏の聖域を守るに当たり阿と吽の2体に表現されて二王(仁王)と呼ばれるようになりました。日本ではあまり信仰されず、仁王のほうが有名ですね。

ご利益

 仏教守護、健脚、身体健全のご利益があるとされています。

執金剛神(しゅこんごうしん)の像容

 甲冑に身を固めた姿で金剛杵を持っています。

有名寺院と像

・奈良県:東大寺
・京都府:金剛院

執金剛神(しゅこんごうしん)の真言

 オン・ウーン・ソワカ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

執金剛神

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑