荒木 忍

造形作家荒木忍

1972年札幌市生まれ 北海道札幌市在住 1995年北海道大学在学中に、創作活動を開始。初期はペンによる点描画を制作。 さらに、点描の技術を活かして手彫りガラス彫刻を開始。その後、お地蔵さん、そして陶芸との出逢いを経て、陶器のお地蔵さんの制作を始める。 個展開催および百貨店等での合同展などに参加 2009年1月東京・巣鴨の地蔵通りで作品展を開催 2000年から北海道立近代美術館のギャラリーショップで常設展示販売中 常設展示:ギャラリーイコル

技法

手捻り(てびねり)・焼き締め 型を一切使用せず、一体一体を完全手作りしております。

主な使用粘土

信楽土 釉薬を使用せず、約1,300度の高温で焼成します。土の温もりを感じられる質感と素朴な味わいが魅力です。高温で焼成するため作品の硬度が高く、見た目の柔らかさに反して、とても丈夫な作りになっております。手作りのため一品一品の形や色味が若干異なります。どうぞご了承ください。

荒木忍作品 荒木忍作品2

作品一覧はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

荒木 忍

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑