石原 良定(いしはら よしさだ)

石原 良定(いしはら よしさだ)

1972年 群馬県生まれ。1995年に富山県在住の仏師「砂田清定」氏に師事。2006年独立、雅号を良定とする。以後、木彫の里「井波」を拠点にお寺や一般の方々の様々なご要望に応え、仏像のみならず神像や縁起物などの作品を制作。若手仏師の中でも将来を約束された実力派仏師の内の一人。

インタビュー動画

エピソード

富山の八乙女山麓に広がるのどかな町、井波。木彫りの里として栄えた場所。現在も井波彫刻として欄間、獅子頭等、伝統工芸を生み出す職人が多数住んでいる。事実、撮影地に向かって車を走らせているだけでも目に留まる彫刻看板。普通の民家と思って眺めた風景の中でもそっと存在する彫刻の数々。瑞泉寺という井波の町の発祥のしずかに佇む寺の近くに仏師石原良定は住んでいる。ラフな出で立ちの石原さんは笑顔で出迎えてくれ、瑞泉寺までの参道八日町に点在する彫刻専門店や、表札、看板まですべて彫刻の意味合い、歴史を道すがら教えてくれた。風にそよぐ青々とした田畑の隣にある工房にお邪魔させて頂くと、粘土で造形された仏像が目に付いた。石原さんは絵で設計をするのではなく、粘土で造形をして木で成型をする。ナンバリングがついた粘土像はそれだけでも存在感があり、原型が持つ力なのか、力強く、目を見張るものがある。インタビュー中に話してくれる石原さんは終始柔和でありながら、なぜ井波なのか、仏師を目指したのか、師弟関係を話してくれた。言葉を選びながら話してくれている言葉からはしっかりと井波との繋がりが伺えた。石原さんの作る仏像の持つ表情は豊かで、時に荒々しく、時に静かで、目を離していると動き出しているのではないかという躍動感を持っている。仏師石原良定の精神と、住まう井波の伝統彫刻が実に綺麗に融合して作り上げられた仏像なのだと実感した。

Pictures of Yoshisada Ishihara

仏師 - 石原 良定 作品一覧

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック