加波次吉漆器店

加波次吉漆器店エピソード

加波次吉漆器店(かばじきちしっきてん)
4代目 加波基樹(かばもとき)

輪島、能登半島ののどかな風景の中、車の音はなく、チョロチョロと絶え間なく流れる水の音と切り立った山の何処かで楽しそうに謳う鳥の声が聞こえる場所に加波次吉漆器店の工房がある。 加波さんは気さくで、冗談も交えながら輪島漆器の話、最近手がけたモノのお話しを聞かせて頂けた。 工房の中は、様々な用途の漆の箱の棚と刷毛を主体とした工具が多くあり、飾り棚には、自転車のヘルメットやガラスのカップ、スマートフォンカバー等、最近の物の中に伝統的な漆器もある。「塗れる物はなんでも塗る」このスタンスが、様々な形の物に個性と色合いを付けてゆく。その同じ棚に鎮座する仏像は、他の作品とは違い、鈍く光る部分、絹の様に滑らかな輝きを出す部分などの要素に、時間、手の込め様が伺える。 幾度の工程を重ねて2週間、その後に完成する根気の作業に、まるでその風景、雰囲気を練り込めたような落ち着いた色合いの仏像は、静かなこの工房で作られてゆくのだろう。
作品一覧はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

加波次吉漆器店

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑