松本 慶一郎(まつもと けいいちろう)

松本 慶一郎(まつもと けいいちろう)

1946年埼玉県生まれ。愛知県立芸術大学デザイン科を卒業後、愛媛県砥部町梅野精陶所に勤務。
1980年、埼玉県川越市に築窯、陶芸家として独立。1988年より2006年まで東京学芸大学講師を務め、2010年まで(社)日本クラフトデザイン協会に所属。陶芸家として都内各所で個展を開催する。
焼き物の技術を生かした陶器の仏像制作を2005年より始める。

メッセージ

いつもそばで見守ってくれる「マイ仏」が心のよりどころに

ライフスタイルの多様化によってご供養のかたちも様ざまに変化しています。
従来型の重厚な仏壇や位牌に代わるモダンな仏壇や位牌、また宗派に関係なく行われる手元供養や樹木葬など供養の自由なスタイルが続々と登場しています。
「仏像は本来、造られた時代や地域によって独自の造形を生み自由に発展してきました。信仰の対象としてお寺に安置されるだけでなく、大岩の中から出現したり、そっと路傍に佇み私たちを見守ってくれたりします」
こう考える陶芸家・松本氏の制作する仏像は、テラコッタの技法で制作され漆で仕上げた温もり感じる造形が特徴で身近に寄り添う癒しの「マイ仏」の世界をお楽しみいただけます。

作品の制作について

磁器土で制作した原型を型取りし、成形したものを焼成する「テラコッタ」の技法で制作。
焼成後、漆を数回塗って仕上げることで独特な風合いと奥深さが感じられ、インテリアとしても温かみの感じられる作品として仕上がっている。

作家コメント

仏像は時代により地域によりそれぞれに独特のスタイルを生み、考え方も変化しているように思います。
私の仏像は居間の出窓であったり玄関であったり、日常の生活の場でお楽しみいただくことを想定して創っています。

Pictures of Yoshisada Ishihara

作品一覧はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック