瀧川 佐智子

瀧川佐智子エピソード

能登半島の海沿いの道を通り抜け、日本の原風景の様な静かな山間にある平地に滝川先生の制作現場があった。立派な工房から見える山と山の間から海が見える。「何もない所でしょう?」と微笑む滝川先生の作品はこの優しい情景から生み出されるのだと実感した。長年受け継がれてきた井波彫刻の伝統と瀧川先生の技術が組み合わさってアート仏像を生み出していく。 カン、カンと響きわたる工房の中、今まで生み出されてきた瀧川先生の作品と対峙すると優しさの中にも強さや凛として荘厳な雰囲気がひしひしと伝わってくる。一本の木を大きく削り、200本以上のノミを駆使し、細部を繊細に細かく作り上げていくその工程が、まるで木の中にいる仏像を取り出す様な不思議な風景にみえる。 印象的だったのは空、山、海、全てを一望できる工房の大きな窓から外を眺める瀧川先生の後ろ姿、この優しい背中からアート仏像は生み出されていくのだろう。

作品一覧はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

瀧川 佐智子

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑