木綿花

観音画家 木綿花

木線花(ゆうか)略歴

1988
東京で生まれる
2011
New York University美術学士を優等で修了
2012
第97回二科展入選
2014
初個展「kokotama bosatsu」開催 (北青山)
2015
北鎌倉へ拠点を移し、北鎌倉kokotama galleryをオープン
2015
「月鏡-tsukikagami-」展、個展「千早振る」開催( kokotama gallery)
2015
東慶寺ギャラリー&ショップ「たまゆら」展示販売
2015
「新しい祈りのかたち」 (松坂屋名古屋店)
2015
ネパール ゴールデンテンプル(黄金寺院)奉納
2015
東慶寺ギャラリー&ショップにおいて“たまゆら”展示販売
2016
インド舞踏家の小野雅子 x 木綿花 コラボレーションイベント「天地 水の元」 (円覚寺山内 佛日庵)
2016
木綿花展 「水の元」 (イスム 仏像ワールドギャラリー)
2017
寺カフェ代官山 店内内装デザイン
2017
「心に響く現代の仏像・仏画展」 (京王プラザホテル)
2017
木綿花展「息吹」(イスム 仏像ワールドギャラリー)
2017
木綿花展「観音の光耀」(香老舗 松栄堂 京都本店)
2017
浄住寺観音様 「慈しみ咲く」依頼制作(京都 葉室山 浄住寺)

木綿花ホームページはこちら(外部リンク)

エピソード

東京都で生まれ、小学六年生から高校までインターナショナルスクールに通い、大学からアメリカへ留学をする。
両親がファッション業界で働いている影響からも、ファッションとは切っても切れない繋がりを感じていたが、大学ではファッションを学ぶ事を選ばず、クリエイティブな表現力を成長させ、自分の世界観を広げたいという思いから総合大学の芸術学部へ進学を決める。

一年目はBOSTON UNIVERSITYで学び、二年目からNEW YORK UNIVERSITYへ編入。

以前はあたりまえと思って関心が薄かった日本の伝統や文化に改めて魅せられ、その中でも、日本人の心に根付いている仏教や神道などに強く興味を持ち、各地の神社や仏閣を巡り始める。

在学中も両親の元では、通訳、バイヤー、シッパー、デザイナーなどとして仕事を手伝い、海外のブランドとの交渉や、新商品の企画提案、新しいブランドの発掘、海外リサーチ、などさまざまな経験を積む。

2011年の1月、Bachelor of Fine Arts(美術学士)を習得しNEW YORK UNIVERSITYを優等で卒業。

大学を卒業後、日本へ帰国してからは、デザイナーやイラストレーターなどとして活躍していたが、2013年夏、画家の道へ進む事を決心する。

帰国後学んだ日本画で菩薩様の絵を描いてみたのがきっかけとなり、ファッション業界で培われた色彩とデザイン力で独自の観音様を描き始める。宗教というカテゴリを超えた、言葉でもなく一人一人の自由な感性で感じてもらえる作品を作りたいという思いから一つ一つこだわりを持って制作をしている。

絵画だけにとどまらず、kokotama(心珠)という作品の制作に力を入れている。

kokotama(心珠)とは宝珠の形をした木の玉に絵を描いた作品木綿花こだわりのこのkokotamaの形は、何度も試行錯誤を重ね、それぞれ手で職人によって作られている。見て楽しむだけでなく、手で包んで眺めたくなるそんな作品であって欲しいという思いから大切に一つ一つ心を込めて制作されている。

木線花 作品1

作品一覧はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

木綿花

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑