株式会社MORITA創業50周年特別企画
木造 弥勒菩薩半跏像

篁千礼特別彩色

国宝「木造 弥勒菩薩半跏像」

  • 木彫
  • 総高40cm
  • 篁千礼特別彩色
  • 限定5体
  • 会員様限定ポイント2倍

2018年4月19日(木)〜5月9日(水)
午前11時〜午後8時

イスム表参道店にて展示受注会開催

国宝彫刻の部、第一号としてあまりにも有名な
『木造弥勒菩薩半跏像』を見事に再現!!

『木造弥勒菩薩半跏像』、右足を曲げて左膝の上に乗せ、右手の指を頬に向け、想いにふける半跏思惟の姿勢で有名なこの像は彫刻作品として初めて国宝に認定されました。造像からおよそ1,400年の時を経た現在でもアルカイックスマイルと呼ばれる微笑と優美な体躯で人々を魅了しています。

この度、仏像ワールドを運営する株式会社MORITAは創業50周年を迎えるにあたり、仏像ファンの心を捉えて離さない国宝『木造弥勒菩薩半跏像』の再現に挑みました。長年に渡り蓄積した仏像制作のノウハウと美術工芸品の製造技術を結集し、総高40cmの木彫り像に仕上げました。彩色は仏像彩色の第一人者である篁千礼が手掛け厳かさを演出しています。限定制作僅かに5体。早期の品切れが予想されますので、早めのご注文をお薦め致します。

弥勒菩薩半跏像が醸し出す慈悲深いお姿

心持ち前傾姿勢をとり左足を踏み下げ、その膝の上に右足を組んで坐り、右手を頬に添えて思案する姿。こうした座り方を半跏、もの思いに耽ることを思惟ということから、このような姿勢を持った仏像を半跏思惟像といいます。弥勒菩薩は半跏思惟のお姿で、お釈迦様の教えで救われなかった人々を救済する方法を思い描きながら、56億7千万年後に現れる未来仏とされています。慈悲深いお姿が見事に表現されたこの像は、表情や指先、体の角度などバランス一つ崩れるだけでも雰囲気が変わってしまうため、造形に経験や技術が必要な像です。その繊細な造形を仏像ワールドの経験と技術によって見事に再現いたしました。

木目や木肌を見極め、仏像の美を最大限引き出す
仏像彩色師 篁千礼

江戸時代までは仏像に彩色を施すのは当たり前のことでした。しかし明治の時代になり西洋彫刻のフォルム至上主義の考え方が浸透する中で、いつしか仏像への彩色は邪魔なものとされるようになりました。そのような風潮に反し、日本古来の彩色木彫を大きく復活させたのが、日本彫刻界の巨星であり文化勲章を受章した平櫛田中(ひらぐし でんちゅう)でした。田中が残した数々の名品、その彩色のほとんどを任されていたのが彩色師 平野富山(ひらの ふざん)でした。

本作品は木目を活かしつつ、部分的に金箔を施した仕上げがなされています。これは長い年月をかけ金箔が剥落し、現在の姿になった国宝『木造弥勒菩薩半跏像』の楚々とした佇まいがもたらすイメージを壊すことなく、僅かな華やぎを添えるという篁氏ならではの絶妙なバランス感覚で仕上げられたものです。一体一体木目や木肌が異なるため、彩色には少なからぬ時間を要すことになりますので、5体のみの限定頒布となります。

本作品の彩色を手掛けた篁千礼は富山の正当後継者の一人であり、仏像彩色の第一人者です。篁氏は彩色に際し、まず仏像それぞれの性格、特性を表す紋様、バランスのとれた配色を構想します。国宝『木造弥勒菩薩半跏像』は、現在では木肌が現れ、落ち着いた雰囲気を醸し出していますが、造像当時は像全体に漆で金箔を貼り付けた光輝く漆箔像であったとされています。

発売日:
2018年4月19日(木)午前11時発売
商品名:
篁千礼特別彩色 国宝『木造弥勒菩薩半跏像』
商品番号:
R009
販売価格:
360,000円+税
サイズ:
高さ40×幅19×奥行25cm 重さ約2.66㎏
材質:
納期:
およそ2か月

※仏師の手彫り品のため、商品の形は画像と若干異なる場合があります。
※商品画像の色は実物と若干異なる場合があります。

ショップページへ
仏像ワールドWEBショップにて4月19日11時より販売開始

ポイント2倍!!

発売記念会員様限定 ご購入ポイント2倍キャンペーン

篁千礼特別彩色 国宝『木造弥勒菩薩半跏像』の発売にあたり、4月19日(木)~5月9日(水)までイスム表参道店1F仏像ワールドギャラリーにて展示受注会を開催いたします。期間中ご注文いただいた会員様にはポイントを2倍付与いたしますので、この機会を是非お見逃しなく!

会員登録はコチラ
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック