松本慶一郎作品展「居間の仏たち」
仏壇の中だけではない、身近に寄り添う「マイ仏」

イスム 表参道店1F仏像ワールドギャラリーでは3月17日(金)より「松本慶一郎作品展~居間の仏たち~」を開催いたします。今回の作品展では、長年陶芸の世界で活躍をした陶芸家「松本慶一郎(まつもとけいいちろう)」氏の陶器の仏像の作品を展示販売いたします。仏像をメインとする作品展は今回が初となり、現代のライフスタイルに溶け込み、ぽっかりあいたこころの穴を慰めるような皆様に寄り添う癒しの仏像を展示販売いたします。インテリアとして身近に飾るのはもちろん、ご先祖様の供養として仏像ワールドが提案する新たな供養の形です。ぜひイスム 表参道店1F仏像ワールドギャラリーへお越しください。

松本慶一郎作品展「居間の仏たち」
観音菩薩立像

観音菩薩立像高35cm (光背含む)

いつもそばで見守ってくれる「マイ仏」が心のよりどころに。

ライフスタイルの多様化によってご供養のかたちも様々に変化しています。従来型の重厚な仏像や位牌に代わるモダンな仏壇や位牌、また宗派に関係なく行われる手元供養や樹木葬など供養の自由なスタイルが続々と登場しています。「仏像は本来、作られた時代や地域によって独自の造形を生み自由に発展してきました。信仰の対象としてお寺に安置されるだけでなく、大岩の中から出現したり、そっと路傍に佇み私たちを見守ってくれたりします」-こう考える陶芸家・松本氏の制作する仏像はテラコッタの技法で制作され漆で仕上げた温もり感じる造形が特徴。今回の作品展では身近に寄り添う癒しの「マイ仏」の世界をお楽しみいただけます。

地蔵菩薩坐像

地蔵菩薩坐像高11cm

ごあいさつ

美術学校卒業後、陶芸家として活動してまいりましたが、奈良、インド、パキスタンの寺院を巡り、仏像を前にした時の感激が忘れ難く、十年ほど前から仏像制作を始めました。

仏像は、造られた時代や地域によって独自のスタイルを生み、自由に発展してきました。信仰の対象としてお寺に安置されるだけでなく、大きな岩の中からお出ましになったり、路傍にたたずみ我々を見守ってくれたりもします。
私の仏像は、居間のサイドボードの上や出窓、玄関など身近な生活の場でお楽しみいただくことを想定して作っています。漆で仕上げるため素材が分かりにくいのですが、磁器土で制作した原型を型取りし、成形したものを焼成する「テラコッタ」の技法で制作しています。焼成後、漆を数回塗って仕上げます。
ぜひこの機会にご高覧賜りますようお願い申し上げます。

平成二十九年三月

松本慶一郎

観音菩薩坐像

観音菩薩坐像高30cm

釈迦如来坐像

釈迦如来坐像高27cm

松本慶一朗 画像

略歴

1946年埼玉県生まれ。愛知県立芸術大学デザイン科卒。
卒業後、愛媛県砥部町 梅野精陶所に勤務。
1980年埼玉県川越市に築窯、陶芸家として独立。
1988年より2006年、東京学芸大学講師、又、(社)日本クラフトデザイン協会に属し(2010年まで)都内各所にて個展など陶芸家として活動。

「居間の仏たち」
松本慶一郎作品展

会場:
イスム表参道店1F仏像ワールドギャラリー
会期:
3月17日(金)~30日(木)11:00 ~ 20:00 最終日は16時まで
作家在廊日:
(予定):17、19、26、30 日の13時~17時
展示作品:
陶器の仏像40数点

イスム 表参道店

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-48-3 サンエムビルB1F+1F
東京メトロ表参道駅B2出口より徒歩3分
Tel/Fax:03-6419-7822 11:00 – 20:00 定休日:年末年始のみ

イスム 表参道店マップ
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック