純金製御仏像 内閣総理大臣賞受賞 金工作家 号 光則作 純金干支御守本尊 ご本尊にはそれぞれありがたい御利益があると言われています。お一人でも多くの方に護身用として、またお心の支えとなりますように、一体一体に願いを込めて製作いたしました。ぜひ末永くご愛蔵下さい。
子年 純金千手観音菩薩

純金千手観音菩薩

高さ:45mm 6g

丑寅年 純金虚空蔵菩薩

純金虚空蔵菩薩

高さ:45mm 6g

卯年 純金文殊菩薩

純金文殊菩薩

高さ:46mm 6g

辰巳年 純金普賢菩薩

純金普賢菩薩

高さ:47mm 6g

牛年 純金勢至菩薩

純金勢至菩薩

高さ:44mm 6g

未申年 純金大日如来

純金大日如来

高さ:43mm 6g

酉年 純金不動明王

純金不動明王

高さ:42mm 6g

戊亥年 純金阿弥陀如来

純金阿弥陀如来

高さ:44mm 6g

純金御守本尊

純金釈迦如来

純金釈迦如来

高さ:44mm 6g

純金聖観世音菩薩

純金聖観世音菩薩

高さ:71mm 7g

専用ガラスケース
子年 純金千手観音菩薩

純金千手観音菩薩

高さ:100mm 95g

丑寅年 純金虚空蔵菩薩

純金虚空蔵菩薩

高さ:100mm 80g

卯年 純金文殊菩薩

純金文殊菩薩

高さ:113mm 95g

辰巳年 純金普賢菩薩

純金普賢菩薩

高さ:113mm 95g

牛年 純金勢至菩薩

純金勢至菩薩

高さ:100mm 80g

未申年 純金大日如来

純金大日如来

高さ:105mm 90g

酉年 純金不動明王

純金不動明王

高さ:100mm 75g

戊亥年 純金阿弥陀如来

純金阿弥陀如来

高さ:100mm 80g

純金釈迦如来

純金釈迦如来

高さ:100mm 80g

純金聖観世音菩薩

純金聖観世音菩薩

高さ:140mm 90g

純金阿弥陀如来像(御西)

純金阿弥陀如来像
(御西)

高さ:130mm 110g

純金阿弥陀如来像(御東)

純金阿弥陀如来像
(御東)

高さ:130mm 100g

純金阿弥陀如来像

純金阿弥陀如来像

高さ:130mm 90g


金工作家 号 光則 略歴

金工作家 号 光則

1932(昭和7年) 富山県に生まれる

1948(昭和23年)銀器界の名門、早川徳太郎師の門に入る

1970(昭和45年)イタリアにて銀器工芸を学ぶ

1973(昭和48年)日本の伝統、盆栽を技術の研究により金・銀工芸品として完成

1975(昭和50年)第1回東京銀器新作コンクールにて最高賞『東京都知事賞』受賞

1979(昭和54年)新技法の研究により麗鳥を開発、ホテルオークラにて作品発表

第5回日宝連全国統一創作品コンクールにて最高賞『内閣総理大臣賞』受賞

1980(昭和55年)世界最大のプラチナ製ヴィーナス像およびプラチナ、純金製名古屋城を相次いで製作

1981(昭和56年)第7回東京銀器新作コンクールにて『東京都知事賞』受賞

第6回プラチナデザインコンテストにて『プラチナギルド賞』受賞

1985(昭和60年)第11回日宝連全国統一創作品コンクールにて『日本商工会議所会頭賞』受賞

1987(昭和62年)第13回日宝連全国統一創作品コンクールにて『東京都知事賞』受賞

1990(平成2年) 第125 代天皇陛下御即位の礼記念『純銀製 翔鶴』(献上 東京都)謹製

1993(平成5年) 皇太子御結婚記念『純銀製 双祥鶴』(献上 東京都)謹製

1994(平成6年) 第2回全日本金・銀創作展にて『東京都知事賞』受賞

1995(平成7年) 世界各国の銀器事情視察

1996(平成8年) 東京銀器の振興に寄与した功績が認められ、黄綬褒章を受章

1997(平成9年) 世界最大のプラチナ製自由の女神像(縮尺三十五分の一)製作

1998(平成10年)新技法・軽量精密鋳造を研究開発、新作を多数発表

2001(平成13年)国立天文台より最古の望遠鏡発見に伴い、架台の復元製作を受ける

2004(平成16年)旭日双光章受章

2005(平成17年)東京国立博物館よりシャンデリアの保存修復を受ける

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

純金製御仏像

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑