国宝模造(極小仏)

国宝模造阿修羅

国宝模造とは

「うつすこと まなぶことは 美の創造の原点だ!」をテーマに2005年7月20日(水)~9月11日(日)まで東京国立博物館で《模写・模造と日本美術-うつす・まなぶ・つたえる-》という特別展が開催されていました。

作品をうつす「模写・模造」は、洋の東西を問わず古くから多くの芸術家によって繰り返し行われてきました。 たとえばローマ時代には、ギリシャ彫刻の名作が数多く大理石に模刻されました。 中国(明)に渡った室町時代の画聖・雪舟は、模写によって異国の画風や技法を学び、それを礎に多くの傑作を生み出しました。 そして雪舟の作品は、江戸時代の狩野派の画家たちに盛んに写されているのです。 一般に模写・模造は、「ほんもの」ではない価値の低いものとされています。 しかし、美術工芸の制作の過程では「模写・模造」こそが、さらなる創造を生み出す原点であり、古典の再生をもたらす原動力となってきたのです。

「仏教美術」として、また「祈りの仏像」としての弊社の国宝模造仏像が、一人でも多くの方のお目に触れ、弊社の「伝移模写」の精神を感じ取っていただければ幸いです。

商品一覧ページ 国宝模刻
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

国宝模造(極小仏)

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑