茨木彰作 国指定伝統工芸品 高岡製大仏ペーパーウェイト

一流の造形作家と日本の伝統工芸の粋を集めて生み出された拘りのペーパーウェイト!!

仏像ワールドがこの度発表する“小さな大仏”は、リアル仏像やゴジラシリーズの制作によって日本を代表する造形作家となった茨木彰氏による精緻な造形を「国指定伝統的工芸品」の第一次指定を受けた高岡銅器の技術により余すところなく再現した作品です。「手の平に乗る小さな大きさながら細部に渡り作りこまれた造形、青銅を思わせる味わい深い彩色、アルミニウム無垢の持つ確かな質感に驚かれるものと思います。

「大仏ペーパーウェイト」はペーパーウェイトとしての実用性は勿論のこと、極小仏としてみても十分に鑑賞に耐える出来栄えと自負しております。仏像ファン待望の小物として、また一味違った贈答品としてもお奨めの品です。

「国指定伝統的工芸品」の第一次指定 高岡銅器

高岡銅器は高岡の開祖 加賀藩第二藩主前田利長公が、慶長14年 (1609年) 高岡城に入城され、翌々年の慶長16年 (1611年) 城下の興隆繁栄の為、鋳物発祥の地 河内国丹南郡の技術を継承する7人の鋳物師達を招聘して、金屋町に鋳物工場を開かせた事に始まります。 当初は鉄鋳物が中心であったが、江戸時代中頃から銅鋳物も盛んになり、明治期に入ると技術力は更に向上し、万国博覧会を通して世界にも紹介され、輸出品としても美術銅器は確固たる地位を築きました。

茨木彰(略歴)

茨木彰

1959年 東京で出生。 1991年 大手ガレージキットメーカーより、有名怪獣原型製作でプロデビュー。その後、類まれなる造形センスと神業ともいわれるリアルな彩色で日本を代表する造形作家となる。 1997年 高品質フィギュア専門会社として≪KOC≫を設立して独立する。 2000年 日本最高峰フィギュアメーカーの超リアルな原型を数多く手がける。 2006年 M-ARTSのリアル仏像ワールド【四天王】の彩色監修を務める。この出会いにより、立体造形の極致としての仏像造形にも携わる。 2008年 リアル仏像ワールド第2弾【仁王】・第3弾【阿修羅】を総合監修。また、木彫化されるのを前提に【ゴジラ】・【モスラ】・【キングギドラ】等の新作を次々と発表予定。

商品紹介

茨木彰 作 大仏ペーパーウェイト
販売ページはこちら
仏像ワールドの限定商品や直営店での企画展についてはメルマガにてお知らせしております。メルマガご希望のお客様は仏像ワールド会員ご登録時にメールマガジンを「希望します。」を選択していただきご登録ください。→会員登録はこちら


このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

茨木彰作 国指定伝統工芸品 高岡製 大仏ペーパーウェイト

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑