篁千礼彩色国宝模造 リアル彩色仕上げ正統派彩色の後継者【篁 千礼(たかむら ちひろ)】が培ってきた技法を駆使し、リアルな彩色を施した木彫仏像!細部までこだわった彩色は日本の伝統技術の高さを感じさせます。今回は仏像ワールドでも人気の高い、ツゲの国宝模造仏像へ特別に彩色をしていただき、よりリアルなお姿に生まれ変わりました。そのリアルなお姿は顔料、金箔、金泥を駆使し、あえて木の風合いを残して仕上げました。木の風合いを残したことで木ならではの温かみも感じさせます。

時を越え今に伝わる仏を前にして私は一度、制作に切磋琢磨する仏師の姿に思いを馳せます細かな工程のひとつひとつ仏の姿を形に現し、磨き上げ、漆を施し、眩い金を押し、美しい装飾を施す時代を経て今に伝わる姿を再現しようとするとき、その制作工程をもう一度たどり返し完成当時の姿に表します。そして次に長い長い時間、仏 を包んできた空気を感じながら、一筆一筆、まるで現在に向かって時を刻み進ませる様に様々な技法を駆使し仏の辿った時の流れを表現していきます
国宝「毘沙門天像」がモデル。独特の姿勢や厳しい面相、ボリュームのある体躯が特徴の運慶の確立した鎌倉様式の代表的な像です。東国武士の力強さと気概を表現しています。
運慶作の国宝「不動明王像」がモデル。運慶の鎌倉様式が発揮された力強い不動明王像。
国宝「百済観音」独特の細身で優美な体躯とアーモンド形の目といった古式な雰囲気で、その微笑が非常に神秘的な像です。広隆寺弥勒菩薩とともに日本で最初の国宝でもあります。
阿弥陀如来が後ろを見返している珍しい姿の阿弥陀如来像。
国宝大日如来像を現代の仏師が謹刻。運慶若き日の傑作、彫刻界の至宝を復刻致しました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

篁千礼彩色 国宝模造 リアル彩色仕上げ

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑