武田不動尊
武田不動尊イメージ

常勝無敵の甲州軍団を率いた名将 武田信玄の威容を
その身に宿す武田不動尊を完全再現

木彫

手彩色

総高約30cm

風林火山

戦国最強の騎馬軍団を率いた
才知溢れる軍神 武田信玄

疾如風 (はやきことかぜのごとく)
徐如林(しずかなることはやしのごとく)
侵掠如火(しんりゃくすることひのごとく)
不動如山(うごかざることやまのごとし)

『孫子・軍争篇第七』を引用した有名な旗指物で知られた甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主 武田晴信。39歳になる永禄2年(1559年)に出家し、法名 徳栄軒信玄(院号を法性院、道号を機山、諱は信玄)を名乗ることになりました。知略の将とされる信玄は“負けない戦”を身上とし、「人は城、人は石垣、人は堀、情けは味方、仇は敵なり」、「我、人を使うにあらず。その業を使うにある」など数々の名言が残されています。家臣の声を聞き、それをまとめ上げ、皆が納得の行く決定をしたことから、信玄軍は士気も高く天下最強の呼び声をほしいままにし、織田信長をして「その強さ天下一」と言わしめました。
その信玄が我が身を模して作らせた不動明王像がありました。

武田不動尊イメージ
武田不動尊イメージ

自らの威容をモデルとし、
その髪を胸に塗りこめて作らせた
信玄と不離一体の不動明王像

甲斐武田の菩提寺とされる名刹には現在も不動明王が安置されています。その像は『武田不動尊』と呼ばれ、信玄が存命中に自らの顔と身体を模して作らせた像であることから『信玄生不動』とも呼ばれています。

伝承によれば造像されたのは天文20年(1551年)、信玄31歳の時とされます。この年、信玄は比叡山より大僧正の位を授かった記念に、京より大仏師 宮内卿法康清を招き自らをモデルとした等身大の像の制作を依頼。康清は信玄と対面で彫刻を進めますが、当初から不動明王を彫ろうとしたのではなく、彫り進めるうちに結果として不動明王になってしまったとの説もあり、信玄の威容の凄まじさの現われといえます。
『甲陽軍鑑』によれば信玄はこの像を前に剃髪し、切った髪を焼いて漆に混ぜ、自ら像の胸に塗りこめ、彩色を施したとされます。円光院説三は『天正玄公仏事法語』の中で「(信玄が)みずから不動明王を造ったのは治国の宝剣をもって、国を治めるため」と語っています。また、安置される菩提寺は天正10年(1582年)と明治時代の二度の大火に遭うものの像は奇跡的に焼失を免れたことで、信玄と不離一体とされるこの不動明王像は現在も厄除け開運、勝負運、火災除けなど霊験あらたかな像として篤い信仰を集めています。

仏像ワールドが総力を結集
『武田不動尊』の気高と強さを再現!

大日如来の化身として仏教を守る最強の守護者とされる不動明王。貪瞋痴の三毒を破る智恵の利剣である倶利伽羅剣を振るう雄々しき不動明王。左手の羂索で悪鬼を縛りあげ、悩める衆生を余さず救い上げる堅固な意思を持った不動明王。人間界の煩悩をその背に負う紅蓮の迦楼羅焔で悉く焼き尽くす無双の強さを持った不動明王。煩悩の泥の中でその身を青黒く汚しながらも惑うことなく人々を救おうとする清廉なる不動明王。

『武田不動尊』の再現にあたっては、表層的な造形を模すだけでなく、像の持つ気高さと強さが表現されることを第一に考えました。仏像ワールドが長年に渡り蓄積したノウハウを最大限駆使し、お顔の表情、全体のバランス、力強さを中心に幾度も造形を見直し、彩色も不動明王の象徴である青色の肌、全体の彩度等、試行錯誤を重ね、納得のいく完成までおよそ1年の時を要しました。また、彩色は姉妹ブランド『イスム』の制作を担当する工房で1体あたり約1200分をかけ丹念に彩色を施しています。

この上ない守護本尊として、また厄除けや開運の象徴としても相応しい逸品です。天下の名将の姿をそのままに写し取った威容を存分に堪能ください。

武田不動尊イメージ
  • 武田不動尊イメージ
  • 武田不動尊イメージ
  • 武田不動尊イメージ
商品名:
武将が愛した仏像 武田信玄 武田不動尊
商品番号:
560105
販売価格:
150,000円+税
サイズ:
約300(高さ)×幅160×奥行123mm
材質:
桧(ひのき)、ブロンズ(羂索の一部)

商品画像の色は画面の都合上、実物と若干異なる場合があります。

ショップページへ

  • 三面大黒天
  • 泥足毘沙門天
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック