facebook twitter instagram youtube
メニュー お問い合わせ

第5回 「仏」は「私」?



「私が見ているのは、ほんとうに仏さまの姿なのだろうか? 」

 

 

 

このあまりに素朴な疑問が湧いたのは、私が本格的に仏像を拝んで回るようになってから、数年が経過した頃でした。

 

 

 

それまで、私は、「私」という主体が、「仏」という対象を見て、その姿を拝んでいると思っていました。

 

というか、そう信じていました。

 

そこに一切、疑いはありませんでした。

 

 

 

でも、あるとき、ふと、こんな直感がやってきたんです。

 

「ほんとうは、すべて、いま・ここ・自分において起こっているのでは?」

 

って。

 

 

 

仏を見ている自分は、いま・ここにいる。

 

仏を見て、あれこれ感じて、泣いたり、笑ったり、反省したりしている自分は、いま・ここにいる。

 

すべて、いま・ここ・自分において起きている。

 

 

 

ということは……

 

「仏」と「自分」との間に、ほんとうのところ、一切の違いなんかないのでは……?

 

 

 

うわあ、大変なことに気づいてしまったかもしれない……!

 

そう思った、次の瞬間のことでした。

 

 

 

目の前の「仏」(そのときに手を合わせていたのは、京都・大原三千院の阿弥陀三尊像でした)と「私」との間の境界が溶けてなくなり、

 

ついで、「世界」と「私」との間の境界が溶けてなくなり、

 

一切の分離が消失して、

 

すべてが「ひとつ」として、ただ、存在している……!

 

 

 

そんなビジョンがあらわれたのでした。

 

 

 

 

……いよいよアヤしげな話になってきましたね(笑)。

 

でも、安心してください。

 

私は、正気です。

 

むしろ、このビジョンに触れたことによって、「正気」を取り戻したのです。

 

 

 

次回に続きます!