facebook twitter instagram youtube
メニュー お問い合わせ

第一部 連載15回目  それから……



私は、すでに、絶対的な「救い」の中にあった—



この大きな気づきに包まれて以来、私の生活は変わっていきました。



まず、数年間、毎日続けていた坐禅をすっぱりやめてしまいました(笑)。



坐禅が嫌いになったというわけではありません。

ただ、坐禅をしているときに感じる「安心感」を、日々の生活の中でも感じて生きていきたい。

言い換えるのなら、ほんとうはいつだって仏の世界にいるのだということを、日常生活の中で当たり前のように感じて生きていきたい、と。

そんな気持ちが湧き上がってきたのです。



「修行」のベクトルが変わったと言うのでしょうか。

「ない」を「ある」に変えていくのではなく、

すでに「ある」ということを、静かに確信していくフェーズに入ったのです。



「いまではないいつか」「ここではないどこか」を目指し、「自分ではない誰か」になろうとするのではなく、

「いま」「ここ」「自分」にくつろいでいく修行。



「修行」ということばを使いましたけれど、そこに「苦行」のニュアンスは一切ありません。

どちらかと言えば、軽く、穏やかな空気感の中で行う「修行」という感じかな。



私の人生そのものが、たのしく、のびやかな修行の場に変わりました。



もちろん、だからと言って、私の人生に、愉快なことしか起こらなくなったわけではありません。

いまでも、私はしょっちゅう、理不尽なことに怒り、悲しみ、みじめさや情けなさに打ちひしがれて落ち込んでしまいます。



それでも、なぜか、どこか安心している。



怒りの中にいながら、悲しみの中にいながら、

みじめさの中にいながら、情けなさの中にいながら、

それでも、自分は、どうしようもなく「救われている」と、

その実感が、安心感が、完全に消え失せることはないのです。



「さとり」は、「救い」は、頭上から降ってくるものではなかった。

気がつけば自分の足下に「ある」もの、それが「さとり」であり「救い」であった。

これが、私の実感です。



私は、いや、私たちは、すでに、絶対的に、救われている—



何度忘れても、何度でも思い出せばいい。

仏が私を見放すことはない。

そう感じられないときですら、その事実が変わることはない。



だから、もう、「大丈夫」です。

私は、もう、「大丈夫」です。

その確信がある限り、「大丈夫」なんです。



……以上をもって、小出遥子の「さとり探究記(第一部)」は終わりとさせていただきます。

ご愛読、まことにありがとうございました。



次回以降は、「さとり探究記(第二部)」ということで、

さとり探求を終えた現在の私の視点から、日々の気づきや、いま思うことなどを、エッセイ方式で書いていきたいと思います。

引き続きよろしくお願いいたします!