facebook twitter instagram youtube
メニュー お問い合わせ

吉祥天姐さん、東京へ「奈良 西大寺展」

先日もお伝えした「奈良 西大寺展」。

東京の三井記念美術館に、いよいよあの”姐さん”がやってきました。
この記事が出た翌日までの公開ですが、時間あればどうぞ。

息をのむ美しさと官能美。あでやかな赤い衣と白い柔肌。
しかも日頃は秘仏という神秘性(春秋正月に公開)。
まさに美ブツ中の美仏として仏像ファンにはあまりにも有名です。

首を横に向けて、身体をひねるポーズが悩ましい。
特別取材会では、ちょうど記者会見に応じている風に見えて面白かったです。


(写真キャプション:取材時のもようです)

筆者も、浄瑠璃寺の厨子にいるところへ何度も会いに行きましたが、こうして全身丸見えの状態は初めてで、鼻血が出そうなほどの興奮状態なのでした。

ここでは特別に、本当に特別に、動画でお見せします。
すぐ削除するかもしれないので、あしからずご了承ください。



ガラス越しとはいえ、さまざまな角度から拝観できるチャンスはなかなかありません。
ほんわかと柔らかい表情に、こちらの心もほぐれます。ひさしぶりに感動する仏像体験でした。

そのいっぽうで、取材時のメディア陣の反応を見ていると、女性陣は「わ~美しい!」とウットリしてましたが、男性陣の中には「なんか、怖いなこの顔」という人もいて、人によってこれだけ印象のちがいがあるのも面白いなと思いました。

仏像の印象は、見る人自身の心が反映されるとよく言います。
男性記者の方は、だいぶストレスが溜まっていたのかもしれませんね(笑)

創建1250年記念「奈良 西大寺展」東京展は6月11日まで。
その後、7月29日から大阪展、10月20日から山口展と巡回します。
公式サイト:
http://saidaiji.exhn.jp

(お知らせ)
【カツベン映画ナイト!in カルカル】
筆者・宮澤やすみのもう一つの仕事・活動写真上演。
宮澤も一員の「映楽四重奏 -The FilmQuartet-」による活動写真の世界を体験。
「活弁」は、日本独自の上演形態。なかでも弁士の語りは、落語、講談となら
ぶ日本の話芸として海外で注目されています。
100年前の無声映画が、弁士の語りと楽団の生演奏で、今に甦ります。

アニメにSF、活劇、恋愛、今見ると新鮮であり、感動する名作、珍作も各種取り揃え、
トークを交えながら気軽にお届けします。前売チケットがお得です。

●6月16日(水)18:30開場、19:30開演
●渋谷・東京カルチャーカルチャーにて
●詳細:
http://tcc.nifty.com/event/general/20853
(チケット購入可能です)