facebook twitter instagram youtube
メニュー お問い合わせ

第一部 連載4回目  小出流・仏像との向き合い方(その2)



ただ正面から仏像を拝むだけでなく、仏像と自分の目と目が合うポイントを探っていくと、ある瞬間、「像」の中から「仏」そのものの姿が立ち現れることがある、とは前回お伝えした通り。

 

これはもう感覚の世界のお話なので、「そうと言ったらそうなんです!」としか言えないのですが(すみません……)、でも、「像」が「仏」になる瞬間に、回路が開くような感触があるのは事実なんです。

 

 

 

なんの回路か?

 

「安心感」につながる回路です。

 

 

 

いま、この瞬間、自分は、絶対的に仏さまに守られている。

 

自分をおびやかすものは存在していない。

 

……そんな思いが、理屈じゃなく湧き上がってくるのです。

 

 

 

すると、誰にも相談できなかった悩み事が、ぽろっと自分の口からこぼれたりします。

 

仏さまとの「対話」がスタートするのです。

 

 

 

……とは言え、仏さまが、私の悩み事に具体的なアドバイスをくれたことはありません。

 

ただ、そのときの仏さまの表情やたたずまいがどう見えるかによって、自分の現在のあり方を探ることはできました。

 

 

 

自分に恥じない生き方をしているときは、仏さまはやわらかく微笑んでくれているように見えるし、

 

逆に、自分の生き方になんらかのごまかしがあるときは、仏さまは非常に厳しいお顔をこちらに向けているように見える……。

 

それによって、いまの自分のあり方を反省して、今後どのように生きていくかを決めるきっかけにしていました。

 

 

 

それはそれで非常に私の人生の助けにはなっていたのですが、あるとき、ふと思ったのです。

 

「私が見ているのは、ほんとうに仏さまの姿なのだろうか? 」って。

 

 

 

これは、私にとって、ひとつの大きな転換点でした。

 

 

 

次回に続きます!