facebook twitter instagram youtube
メニュー お問い合わせ

第一部 連載10回目 「成仏」の意味



答えがない……。

「さとり」を探求している間、私は、ずっとこの思いに苦しめられていたように感じます。



いまなら苦しみの原因がはっきりわかります。

ほかでもない、その「答え」をつかもう、定めようという態度こそが、私を苦しめていたのでした。



その頃、私は大きな勘違いをしていました。

「成仏」ということばの意味を、完全に間違えていたのです。



「仏」とは、つまり、「さとりとともにある存在」のことです。

私は、どうしても、さとりたかった。

さとりを得て、「仏」になりたかった。

「仏」になれば、すべての苦しみから解放され自由になれると思ったから。



そう、当時の私は、「成仏」=「仏になること」と信じて疑わなかったのです。

「仏になりたい」「仏になろう」、その思いひとつで突っ走り続けていました。

「仏になること」が、究極の「答え」だと思い込んでいました。



あの頃の必死の努力のすべてが無駄なものだった……と言うつもりはありません。

でも、「仏になりたい」という思いがいったいどこから湧いてきたのか、それを、一度立ち止まってきちんと考えてみるべきだったな、とは思います。



「仏になりたい」という思いのベースには、「いまは仏ではない」という思い込みがあります。

「仏ではない」。だからこそ「仏になりたい」。

「仏ではない私」が「仏になる」ためには、懸命に努力を続けなくてはいけない。

もっとがんばって、もっともっとがんばって、もっともっともっとがんばって……

いつか私は「仏」になるんだ……!!!



……もうお気づきでしょう。

探求の罠の正体は、私自身の思い込みにあったのです。



「いつか仏になりたい」。

「なぜなら、私は仏ではないから」。



 

その思い込みが、かえって、私を「成仏」から遠ざけていたのです。



でも、その事実に気づくまで、私にはまだまだたくさんの時間が必要でした。



次回に続きます!