facebook twitter instagram youtube
メニュー お問い合わせ

第二部 連載18回目 「これでいいのか?」「これでいいのだ!」


「これでいいのだ!」


言わずと知れたバカボンのパパの口癖です。






ライトな仏教書などを読んでいると、割とよく、


「これでいいのだ! こそが、さとりの境地である」


といったようなことが書かれているのを目にします。






これは、ある意味では、その通りです。


「これでいいのだ!」は、さとりの境地です。






でも、私は思うんです。


いくら「さとり」を知ったと言っても、ひとりの人間として生きている限り、


「これでいいのか?」という問いかけが止むことはないんじゃないかな、って。






「これでいいのだ!」って、たぶん、人間のセリフじゃないんですよね。


「これでいいのだ!」は、きっと、人間を見守る仏さまのセリフです。






人生、「これでいいのか?」の連続です。


でも、私たちが「これでいいのか?」と迷っている間も、


「これでいいのだ!」とあたたかく見守ってくれている存在があるのだと、


そう思うだけで、ほっとゆるんで安心できますよね。






それで十分なんじゃないかな。






迷いがあるのは、生きている証拠。


仏さまの巨大な愛の中で、存分に「これでいいのか?」と迷い続けてやりましょう!(笑)






「迷い」=「苦しみ」ではありません。


迷いながらも安心できる道が、いや、安心しながら迷える道が、


私たちには、ちゃんと用意されているのです。






これって、究極の「救い」だと思いませんか?






次回に続きます!