facebook twitter instagram youtube
メニュー お問い合わせ

第二部 連載21回目 「おのずから」起こってくる




「さとった人」というと、一般的には、

いい感じにリラックスして、余分な力が抜けていて、

口元にはいつだって穏やかな笑みをたたえていて、

他者に対して決して腹を立てることのない人……

そんな、「仙人」や「聖人君子」のようなイメージを持たれているかもしれません。



でも、「さとり」って、実際には、そんなたいそうなものじゃありません(笑)。

「さとり」の世界を体感している人だって、力むときには力むし、怒るときには怒るんです。

人間だもの、ごくごく当たり前のことです。



ただ、その「力み」や「怒り」が「苦しみ」につながらないんですね。

なぜなら、「力んでいる」のも、「怒っている」のも、

実際には自分がやっているわけじゃない(!)ということを、

彼らはおなかの底から理解しているから。



そう。

すべては「おのずから起こってくる」ものであって、「みずから起こしている」ことなんか、ほんとうはひとつもないんですね。



もし、すべての感覚や感情や思考を自分で選べるのだとしたら、

私たち、いつだってリラックスして、いい気分で過ごしていると思いませんか?



でも、実際には、決してそんな風にはなっていない。

力んでしまうときには、どんなに力みたくなくても力んでしまうし、

怒ってしまうときには、どんなに怒りたくなくても怒ってしまう。

「起こってくるもの」を選ぶことはできないんです。



でも、「選べない」ということを知っていれば、「力み」や「怒り」が問題にはならなくなってくる。



やってきちゃったものは仕方ない。

いまは「力み」や「怒り」を思いっきり味わおう。



そんな風にこころを決めると、逆説的ですが、「力み」や「怒り」は成仏していきます。

つまり、「無」へと還っていくのです。



「おのずから」やってきたものは、私たちが変な風にいじらなければ、「おのずから」消えていきます。

そしてまた「おのずから」やってきて、「おのずから」消えていって……

その繰り返しです。



まずは、その事実を、端的な事実として受け取ってしまうことから。

それさえできれば「大丈夫」です。



自然のはたらきを信頼して、どうか、思いっきり、人間らしい感情や感覚を味わってくださいね。

どうせ、すべては、いま、この瞬間のものでしかないのだから。



「さとり」とともに生きるって、こういうことです。

ね? なにもおおげさなものじゃないでしょ?(笑)



次回に続きます!