facebook twitter instagram youtube
メニュー お問い合わせ

第二部 連載22回目 それも私のせいじゃない



泥のなかから
蓮が咲く。

それをするのは
蓮じゃない。

卵のなかから
鶏(とり)が出る。

それをするのは
鶏じゃない。

それに私は
気がついた。

それも私の
せいじゃない。

(金子みすゞ 「蓮と鶏」)



数年前にはじめてこの詩に出会ったとき、ほんとうに感動しました。

ここまで簡潔に、それでいて丁寧に、「仏のはたらき」を描き切った詩を、

私はそれまで知らなかったから。



花が開くのも、生命が誕生するのも、

すべて、大きないのち(=仏)の、「おのずから」なるはたらきの中にあって、

そこに「みずから」なるはたらきは、実はこれっぽっちも存在していなくて……。



さらに、その事実に「気づく」ことすら、

すでに「おのずから」のはたらきの中にあって、「私」はなにもしていなくて……。



なんだかもう、「降参です!」という気分になりますね(笑)。

その「降参です!」という思いすら、「私」が浮かべているものではないのですけれど……。



逃れられないなあ……。

この「逃れられなさ」に、やっぱり、ただただ「降参」です。



南無阿弥陀仏



次回に続きます!