facebook twitter instagram youtube
メニュー お問い合わせ

第三部 連載31回目 「丹田」に意識をおさめよう!(その4)



前回、ひと息ごとに、ゆっくり、意識を下の方に降ろしていくやり方をご説明しました。



会陰(胴体の下のあたり)を意識しながら、吐く息とともに、あたまのてっぺんから、少しずつ、意識を下の方に降ろしていって……

胴体を通過させて……

最終的に、おへその下(へそ下三寸。つまり、へそ下9センチ。かなり下ですね)、胴体の奥の方に、

降ろしてきた意識がすべて、「すっ」とおさまってしまうような感覚が生まれてくるかと思います。



その、意識がおさまったところを、「丹田」と呼びます。

丹田というのは、点でもない、面でもない、立体的な空間です。

目で見ることもできないし、手で触ることもできませんが、感覚としては、確実に「ある」。

「ない」ようでいて、「ある」としか言えないもの、それが丹田です。



丹田に意識がおさまると、ポカポカとした、あたたかで心地よい感覚が、おなかを中心に生じてきます。

その心地よさに、こころとからだをゆったりと委ねてしまうようにして、しばらく、丹田で呼吸をしてみてください。



丹田で呼吸をする、という感覚がわかりづらいという方は、

おなかのあたりに自分の「ほんとうの顔」があって、

その「ほんとうの顔」についている鼻で呼吸をしている、というイメージを持つと、

少し、やりやすくなるかもしれません。



丹田に意識をおさめたまま、ゆったりとした呼吸を繰り返していると、

おなかのあたりのポカポカとした感覚が、少しずつ、少しずつ、

やわらか〜〜〜く、全身に広がっていきます。



その感覚は、どんどんどんどん広がっていって、

最終的には、肉体をも超えて、どこまでも、どこまでも、やわらか〜く広がっていきます。



今日は、ここまで。

焦らずに、ゆったりと、ご自身の「心地よさ」を羅針盤に、やってみてくださいね。



次回へ続きます!



※毎朝6時よりツイキャスにて「ラジオ瞑想」という番組を生配信しています。
 こちらのコラムで書いているような内容(「さとり」を体感する道)を、「瞑想」というかたちでシェアしています。
 登録不要、無料でお聞きいただけます。どなたさまも、お気軽にご参加くださいね。

  ラジオ瞑想
  毎朝6:00-6:30
  https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide