facebook twitter instagram youtube
メニュー お問い合わせ

第三部 連載36回目 「丹田」から「TANDEN」へ



連載28~35回を通して、「さとり」の世界を体感するワークのやり方をお伝えしてきました。

実際に試された方、いかがでしたでしょうか?

「さとり」って、ぜんぜん難しいことじゃないんだな、意外に簡単なんだなと、

そんなふうに感じていただけたのならうれしいです!



そう、「さとり」の世界は、遠く離れた桃源郷なんかじゃないんです。

私たち、ほんとうはいつだって、いまこの瞬間だって、

間違いなく「さとり」を生きているんですよ。



さて、ここからは補足です。




これまで、「さとり」を体感するワークを説明するとき、

「丹田」という表記を用いてきました。



丹田が、私たちのからだの中にある、という意識を持っているときは、

この表記は、まったく問題にはなりません。

しかし、実際に試された方はお分りかと思いますが、

このワークにおいては、最初、

丹田をからだの中にあるものとして感じ、

それから徐々にその範囲を広げていき、

最終的には、

丹田の意識と、宇宙そのものの意識を「ひとつ」のものとして感じていくところまで持っていきます。



からだの内側にあったはずの丹田が、

気がついたときには、からだの外側にまで広がっていき、

最後には、丹田そのものの意識の中に、

普段自分が自分だと思っているものを含めた世界のすべてが、

もっと言えば宇宙のすべてが、

すっぽりと収まってしまう、というイメージです。



ここまで来ると、一般的に言う「丹田」ということばの定義からは、

おそらく、大きく逸脱してくるかと思いますので(笑)

ここから先、私は、あえて、「TANDEN」と、

アルファベット表記を用いたいと考えています。



「丹田」から「TANDEN」へ。

この、「TANDEN」というあたらしい概念をキーワードに、

いかに日常の中で「さとり」を体感して生きていくか、

そのコツを、これからどんどんシェアしていきたいと思っています。



長い長い前置き(笑)にお付き合いくださり、ありがとうございました。

次回以降の連載、どうかご期待ください◎

次回へ続きます!



※毎朝6時よりツイキャスにて「ラジオ瞑想」という番組を生配信しています。
こちらのコラムで書いているような内容(「さとり」を体感する道)を、「瞑想」というかたちでシェアしています。
登録不要、無料でお聞きいただけます。どなたさまも、お気軽にご参加くださいね。
ラジオ瞑想
毎朝6:00-6:30
https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide