facebook twitter instagram youtube
メニュー お問い合わせ

第三部 連載49回目 おなかの感覚は「正しさ」につながっている





みなさん、こんにちは!

この連載も、残すところあと3回。

ということで、今回も、第三部の総仕上げ的な記事を書いていきます。



前回の記事の最後の方で、



人間(自力)はしょっちゅう間違いますが、仏(他力)は絶対に間違いません。

仏の意志にまかせて生きていくことは、そのまま「正しい」道につながっていきます。



というようなことを書きました。

今日は、この「正しさ」という概念について書いてみたいと思います。



仏教には、「八正道」というコンセプトがあります。

1.正 見(しょうけん)
2.正思惟(しょうしゆい)
3.正 語(しょうご)
4.正 業(しょうごう)
5.正 命(しょうみょう)
6.正精進(しょうしょうじん)
7.正 念(しょうねん)
8.正 定(しょうじょう)

の8つの道です。

この「八正道」、一般的には「悟りに至るための、8つの修行法」というふうに解説されることが多いようですが、

私は、ここに「正しい」という字が使われていることに注目したいのです。



ここでの「正しさ」とは、言うまでもなく、

「人間が、あたまで自分勝手に考える正しさ」のことではなく、

「仏が、人間のおなかの感覚を通して伝える正しさ」のことです。



結局、前回と同じ結論になってしまうのですが(笑)

やはり、「あたまで考える気持ちよさ」ではなく、

「おなかで感じる心地よさ」に従って、

物事を見て(正見)、物事を考え(正思惟)、

ことばを用い(正語)、行動をして(正業)、

規律を守り(正命)、努力を惜しまず(正精進)、

信念を持ち(正念)、さとりに向けてこころを定める(正定)。

これが、結局は、いちばんの「修行」であり、

仏の意志を直に生きていく「道」になるのですね。



なににおいても、ただただ愚直に、自分のおなかの感覚に従って生きていくこと。

仏道修行は、シンプルすぎるほどにシンプルです。



次回へ続きます!



※毎朝6時よりツイキャスにて「ラジオ瞑想」という番組を生配信しています。
 こちらのコラムで書いているような内容(「さとり」を体感する道)を、「瞑想」というかたちでシェアしています。
 登録不要、無料でお聞きいただけます。どなたさまも、お気軽にご参加くださいね。
  ラジオ瞑想
  毎朝6:00-6:30
  https://ssl.twitcasting.tv/haruko_koide