お問い合せ

営業時間:10:00~17:00 定休日:土日祝日

  • twitter
  • facebook
  • instagram
公式オンラインストア
お問合わせ メニュー
公式オンラインストア

第363回 気持によりそう「みちのく いとしい仏たち」

”仏像とは何なのか、信仰とは何なのか、根源的な問いを--”
音楽家で神仏研究家の宮澤やすみが、仏像とその周辺をブツブツ語る連載エッセイ。

こんにちは。じつは2009年からYoutubeをやっている宮澤やすみです。そのわりになかなか知られてないんですけど。もっと充実させたいです。

そんな中、晩秋の東京は仏像展示がたくさん。今回は東京ステーションギャラリーでの「みちのくいとしい仏たち」展におじゃましました。
写真はすべて、報道内覧会で特別な許可を得て撮影。開催中は撮影禁止です。


岩手の有名な毘沙門天に付く、尼藍婆(にらんば)・毘藍婆(びらんば)が来場者をお出迎え

とにかくかわいい仏像たちがいっぱいで思わず顔がほころびます。


監修された須藤先生が「みちのくで最もやさしい観音像」と絶賛する観音菩薩像。貞享5年
1688) 松川 二十五菩薩像保存会 岩手県一関市


また、もはや仏像とも神像とも判別がつかない像がいくつもあります。

この展覧会は、地元の村や個人宅に祀られる「民間仏」がテーマ。
もちろん、ちゃんとした寺院ではちゃんとした都ぶりの仏像が安置されますが、ご家庭向けにはカミとホトケの区別なく、祈りを受け止めてくれる像を置く。


乳房があるお地蔵さんは、乳児の弔いの意味がある。十和田の大工、右衛門四良による像がいくつも展示。地蔵菩薩立像 江戸時代 右衛門四良作 法蓮寺 青森県十和田市

東北のくらしはとにかく厳しい。だから、自宅の神棚(仏壇をもつ余裕がない庶民宅は小さな神棚しかない)には笑顔で親しみやすい像を置く。
中でも北東北の神像仏像はとりわけかわいいのが多い。

と、今回監修の須藤弘敏(弘前大学名誉教授)先生がおっしゃっていました。

メインヴィジュアルになっているこの像は、顔は如来のようですがこれも神像。北秋田に接する岩手県八幡平市の兄川山神社の御神体です。


山神像 江戸時代 兄川山神社 岩手県八幡平市

「とんでもないプロポーション」という須藤先生の解説文はあくまで褒め言葉。

我々都会の人間がみると、まるで現代美術の斬新な彫刻作品のように見えて、仮にこれを現代美術ギャラリーに黙って置いたら、「多様化する現代社会のコンテクストを楕円形と四角形の相反する形態で表現」とか勘違いする人が出てきそうです(筆者の勝手な妄想です)。

しかし、これは正真正銘、地元の人にとって大事な礼拝対象であり、村の一員、家族の一員みたいな存在でしょう。
この連載によく書いている滋賀県長浜の観音さんに通じるものを感じます。


ニコニコのお顔に癒される。山神像 兄川山神社 岩手県八幡平市

仏像の儀軌(ポーズや持物などのルール)にこだわらず、仏師ではない地元の大工さんが一生懸命作った像は、その”稚拙”(これも須藤先生の褒め言葉)なところが最大の魅力。

今回は、こうした「稚拙(褒め言葉)」で「かわいい」ものを須藤先生が厳選して展示。
地元の理解を得るためにどれだけ時間と労力をかけたことか、常人にはできない努力だと思います。


いわて銀河鉄道花輪線から見える岩手山(筆者撮影)。先の山神像があるあたりに近い

親しみある像を身近に置いて日々のくらしのボヤキを聞いてもらう。そこにカミとホトケの区別はなく、そこに愛はあるんかと聞かれたら、そこには愛しかないということになるでしょうか。


地獄の十王像もやっぱりニコニコ。十王像 江戸時代 三途川集落自治会 秋田県湯沢市

かわいい、おもしろいを入口にして、展示室を出るころには、仏像とは何なのか、信仰とは何なのか、根源的な問いを考えさせられる展示です。
仏像ファンはぜひ行っていただきたいと思います。

それでは聴いてください。
秋田北部鹿角市の民謡で、「鹿角お山こ」(筆者も三味線を弾いたことがあります)。



みちのく いとしい仏たち
東京ステーションギャラリー
2023年12月2日(土) - 2024年2月12日(月)
休館日
月曜日[1/8、2/5、2/12は開館]、12/29(金)~1/1(月)、1/9(火)

開館時間
10:00 - 18:00
※金曜日は20:00まで開館
※入館は閉館30分前まで

美術館公式サイト
https://www.ejrcf.or.jp/gallery/


--おしらせ---

本コラム筆者・宮澤やすみ関連情報

1.
■■宮澤やすみ ちいさなソロライブ■■
録画配信

【疲れた身体に チルやすみ】

ちいさなバーで、夕暮れ時にまったりと
疲れを癒す、心地よい三味線の音と歌。
三味線好きな方は至近距離でお聴きいただけるこの機会お見逃しなく。
お茶やお酒とともにくつろいでお過ごしください。

2023年12月3日(日)
20:00から一週間

Youtube宮澤やすみチャンネルで公開
https://www.youtube.com/c/YasumiMiyazawa


2.
仏像や古代史を歌ったザ・ブッツの新作アルバム『時の水辺』。
ご購入いただけると活動存続の助けになります。応援よろしくお願いいたします。
プレーヤー不要。スマホですぐ聴けるQRコード付きブックレットです(CDも付いてます)。
詳細のご紹介は
  ↓↓↓
http://yasumimiyazawa.com/buttz/tokinomizube.html

雅楽の笙や篳篥も入った独特のサウンドで、「聴いたことないけど、どこか懐かしい」大人むけのロックです

 収録曲:
 1.Fantastic Dystopia
 2.一木造
 3.Shami on The Water
 4.川のほとりで
 5.Benzai-Tennyo
 6.Black Etenraku
 7.北斗星
 8.いけるとこまで
 ほか、付録CDにボーナストラック




宮澤やすみ公式サイト:http://yasumimiyazawa.com
宮澤やすみツイッター:https://twitter.com/yasumi_m