阿弥陀如来


 命あるものすべてを救うべく誓いを立て、極楽浄土に導く

阿弥陀如来

阿弥陀如来(あみだにょらい)とは?

 無限の寿命を持つことから無量寿如来ともいいます。限りない光(智慧)と限りない命を持って人々を救い続けるとされており、西方極楽浄土の教主です。四十八願(しじゅうはちがん)という誓いを立て、その中には「南無阿弥陀仏」と唱えたあらゆる人々を必ず極楽浄土へ導くとあり、広く民衆から信仰されました。ちなみに他力本願も四十八願の誓いから来ており、本来は阿弥陀様にすがって極楽に行こうという意味です。

 阿弥陀三尊として聖観音と勢至菩薩と並ぶ姿が多いです。さらに二十五菩薩を従え、雲に乗って往生者を迎えにやってくるといわれています。そのほか来迎の様子をあらわす場合もあります。

ご利益

 極楽往生、現世安穏のご利益があります。また、戌・亥年生まれ守り本尊です。

阿弥陀如来(あみだにょらい)の像容

 釈迦如来と同じく装飾品は一切ないです。来迎印という印は、極楽浄土に迎えに来たことを意味していますよ。この印相は施無畏・与願印に似ていますが、第1指ともう1本の指をねじるのが特徴です。

 特殊な例としては、宝冠阿弥陀像、裸形阿弥陀像、斜めうしろを振り返る姿をしている見返り阿弥陀などがあります。

有名寺院と像

 ・神奈川県:高徳院
 ・京都府:浄瑠璃寺
 ・京都府:平等院

阿弥陀如来(あみだにょらい)の真言

 オン・アミリタ・テイ・ゼイ・カラ・ウン

阿弥陀如来の商品一覧ページ 特注制作依頼ページ
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

阿弥陀如来

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑