篁 千礼

木彫彩色師 篁千札

篁千礼彩色 ~木彫彩色師「篁 千礼(たかむら ちひろ)」による色鮮やかな彩色仏像~ 1962年、東京生まれ。高校卒業後、女子美術大学に入学(油絵専攻) 。その後、太平洋美術研究所に籍を移し、本格的に洋画を学ぶ。弱冠23才(1985年)の時、銀座交詢社ビル ギャラリータカノにて初個展を開く。 1987年、予てから惹きつけられていた彩色木彫作家の平野富山氏に入門。ほどなく、先代が亡くなり後継の平野千里氏に師事。以後、20数年に渡り修行を積む。その間、仏像の他に縁起物・歌舞伎・能等の古典芸能を題材とした様々な木彫を手掛ける。代表作として「孔雀明王」や「吉祥天」等がある。 (平野千里の木彫 西宮正明著 光村推古書院  2001年11月  参照) 現在は、2012年より平野氏より独立し、埼玉県北本市に新たなアトリエを構え、「篁千礼彩色研究所」を設立。 手造りの温かみを基調とした、誰にでも楽しめる作品から芸術性の高いものまで、幅広い創作活動を展開している。

彩色の系譜

明治以前、仏像に彩色を施すのは当たり前のことでした。 しかし、明治以降西洋彫刻のフォルム至上の考え方の中で、だんだんと彩色は邪魔なものとされてしまいましたが、その日本古来の彩色木彫を大きく復活させたのが平櫛田中でした。 その彩色のほとんどを任されていたのが、平野富山氏で、富山の後継者、平野千里氏が私の師匠です。

極彩色の魅力

きっと普通は、極彩色に彩られた仏像を前にすると、美しさよりも、奇怪さを感じるかもしれません。何よりもストレートに心に反応するのは色彩、その溢れる色彩に混乱するのは当然だと思います。 しかし、本来仏像は、金色の極彩色の造形でした。神仏に対すると、「美しくしたい。畏怖の念を表現したい。」という思いが溢れてきます。驚くような荘厳な絢爛豪華さ・・・私は理解出来る様な気がします・・・ 彩色は本当に様々な感覚を掘り起こしてくれます。私は、様々な色と色との響き合いを味わう中で、美しさとは調和だと感じています。 平面に描く日本画とは違い、曲面を持つ立体に描くのは、それぞれの絵の具の性質毎に、膠の濃度等を調整しなくてはいけません。さらに気温、湿度も関わってくるので、どうしても長い経験で養われた感覚が必要です。 根気のいる作業ですが、いつの間にか瞑想状態にでも入ってしまったように、時間の感覚がなくなっていることがあります。強烈な原色同士の色彩によるマントラ、正に調和のとれた時間への導きの様な気がします。

道具について

日本画絵の具を用います。顔料(岩絵具、水干)、膠、胡粉、墨、金箔、金泥等です。天然岩絵具と呼ばれる顔料の中には、言うならば宝石の粉があります。水晶、辰砂、孔雀石、藍銅鉱、ラピスラズリなど様々な鉱石、半貴石を砕いて作った水に解けない微粒子です。 それらは本当に美しく深く豊かな輝きを持っていて、色褪せることなく、時間とともに落ち着き、さらに美しく造形と同化していきます。 それから金は、本当に重要です。ただ単に輝くだけではなく、その一色が加わるだけで、どんな色と色とも調和させてしまいます。それは本当に不思議な現象です。

制作工程

まず、仏像それぞれの性格、特性を表す紋様、バランスのとれた配色を構想します。実際の彩色作業としては、基本である二種類の胡粉作りから始まります。動物のゼラチン質である膠で、牡蠣、蛤の殻から作られる粉である胡粉を練った、基本の「白」です。初めに木材の中に染み込ませ、木材の割れ、絵具の剥落を防ぎ木材の強度を強くする為の地塗り胡粉、もう一つ、実際の彩色に用いる粒子の細かい仕上げ胡粉です。膠の状態、胡粉の仕上がりは非常に重要です。 下塗りを施した上に、膠で練った岩絵具を置いていきます。さらに金箔金泥等で紋様を描き込みます。

作品に対する思い

全てのことはつながりを持ち存在していることに気づかされます。彩色という技術は、その技法に不可欠な絵具、筆、膠・・・どれが欠けても本来の形にはなりません。そのどれもが黙々と伝えられてきた高い技術で作りあげられています。 しかし現状では、作り手がいなくなる危機が次々と伝わってきます。仕事を続けることで、互いにそれぞれの技を継承し続けていく意義を感じます。時間の中で風化していく姿、修理を施され再生した姿、その時代の感覚の中で新たに生み出された初々しい姿、そのそれぞれに豊かな趣があります。優れた色彩、造形に触れると、伝わってくる感覚に自分自身の生命を感じます。・・・心躍る生きる喜びがあります。そんな美しく本当に調和した姿・・・それを目指し続け表現していきたいと思います。

篁 千札 作業風景
作品一覧はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

篁 千礼

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑