向吉 悠睦(むこよし ゆうぼく)

向吉 悠睦(むこよし ゆうぼく)

1961年 鹿児島に生まれる。多くの仏師を輩出している松久朋琳宗琳師(京都仏像彫刻研究所)の内弟子として12年という長い月日を過ごし、独立。その後、若くして大仏師号を得るなど、多方面で評価が高い、現代を代表する仏師の一人。 現在は本拠地の大阪にて仏像彫刻講座を開き、また全国の有名百貨店にて個展を行うなど仏像の普及へ精力的に活動している。

インタビュー動画

エピソード

大阪市、旭区という住宅と町工場が混在している静かな街にある「あさば仏教美術工房」の代表、大仏師である向吉悠睦先生のインタビューに伺った。2メートル程の一木で作られた迫力のある観音様がある応接間で挨拶がてら少しお話しを聞かせて頂いた時、向吉先生は関西特有の明るさを感じる人柄に加え、幼い頃から仏像に関わりを持つ人の独特な感性と、まるで僧侶の様な優しさを感じた。お邪魔させて頂いた工房内には沢山のお弟子さんが机を並べ、個々にお寺から依頼された仏像の修復をしている中、向吉先生にも彫刻をして頂くと、室内の空気が変わり、自在で大胆な荒堀の一刀が、カン!という高い音とともに削られていくと大きな木材からゆっくり仏像が現れる。幾度と無くふるってきた腕の賜物を見た。その後インタビュー撮影の為作った惚れ惚れする仏像を保管してある部屋に案内されるとまた向吉先生の柔和なお顔になり、インタビュー内容には収まり切れないほどの色んなお話しを聞かせてくれた。理路整然と質問に対して答えてくれるその姿勢には確固とした向吉先生の理念が心の中にあるのだろう。

Pictures of Yoshisada Ishihara

見積りフォームへ

このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック