十二神将


 薬師如来を護る12人の天部の神々

十二神将(じゅうにしんしょう)とは?

 薬師如来に仕える12の武神で、天部の護法善神の神々です。12の武神達のことを十二神将といいます。薬師如来の経典を読んだり信じる者を護り、薬師如来を守護しています。それぞれが7千の夜叉を従えて率いていますよ。

 12の干支や月、方角も守護しています。対応する干支と十二神将の名前は、子、伐折羅大将(ばさら)・丑、迷企羅大将(めきら)・寅、安底羅大将(あんてら)・卯、摩虎羅大将(まこら)・辰、珊底羅大将(さんてら)・巳、因達羅大将(いんだら)・午、波夷羅大将(はいら)・未、摩虎羅大将(まこら)・申、真達羅大将(しんだら)・酉、招杜羅大将(しょうとら)・戌、毘羯羅大将(びから)・亥、宮毘羅大将(くびら)です。リーダー格の宮毘羅大将(くびら)は、金比羅様(こんぴらさま)の名で親しまれています。  

ご利益

 身体健全・病気平癒・延寿・災難除去・現世利益のご利益があります。

十二神将(じゅうにしんしょう)の像容

 甲冑を身につけ武器を持ち、怒りの形相をしています。平安時代以降の作品には頭上に十二支の動物が表現されているものが多くなります。十二支の彫刻がないものを古様、あるものを新様といいます。

有名寺院と像

・奈良県:新薬師寺
・奈良県:興福寺
・京都府:広隆寺
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixiチェック

十二神将

仏像コラム・漫画

新着 PictureArchives

至高の仏像フィギュアはこちら↑